Kingdom Of Cambodia

「失われたクメール美術」

国際文化交流―恒久的世界平和を目指してー

​理念目的

■失われた「クメール美術」国際文化交流の理念・目的

カンボジアの文化はアンコール時代の繁栄時には近隣諸国に多大な影響を与え、東南アジアの中核として担っていた。その後フランス植民地時代には「東洋のパリ」と称賛された美しい街並みが立ち並び、西洋文化も発展させながら、独自のクメール文化を保持していた。

 

 1970年代に国家の人口約800万人中、約300万人という文化人の多くがポルポトによって虐殺された。その後約2000年まで内戦に突入しクメールの伝統美術は破壊された。現在では世界的ニーズがあるのにも関わらず、継承者や専門的な知識を持ったアーティスト、デザイナー、研究者がいない為にクメール美術とその美術教育の復活はさらに困難になってきている。

すでにわずかに内戦を生き残った正確なクメール美術の知識や経験を持った人間が年老いており、急がなければ歴史検証と復活が不可能になってしまう背景がある。また復活させたくても現在のカンボジアは明らかな人材不足であり、日本・世界からの専門的な人的支援は大きな国際貢献といえる。

 

1:「王立プノンペン大学・王立藝術大学、昭和女子大学(3大学協定済)」提携し、国際文化交流を行い、失われた「クメール美術」とその教育を現代に復活させることを目的とする。

 

2:欧米文化とも異なるクメール美術は、世界的に見て風土性を生かした独自価値があり、復活させたクメール美術とその作品を展示・公表し世界に広めていくことを理念・目的とする

 

3:なぜ文化破壊が行われ、大量虐殺が起こったのか?この歴史を踏まえ、国際文化交流を行い問題意識を促し「恒久的世界平和」を目指すことを理念・目的とする

 

■2025年開催の大阪万博にカンボジアクメール美術ブースを出展を目標にしています。

お知らせ

アジアデザイン・アート展覧会 

プノンペン2018

審査結果をお知らせに公開しています。

2018.9.19-21​

アジアの地域・風土性を生かした

デザイン・アート展覧会

カンボジア・プノンペンにて開催します。

開催概要

上記は一例で、応募者の独自性と感性を最大限生かした前衛作品を求めます。

アート、グラフィック、プロダクト、映像、ファッション、建築等幅広く募集します。

(プノンペン王立大学で展示が可能なものに限ります)

現在アジアのデザイン・アートは急速な経済発展とともに欧米文化を吸収し、数多くの展覧会が開かれ、発展しています。しかしながらアジアの独自性(地域・風土性)が弱まっていることを危惧しており、欧米とは違った文化を持つアジア的個性は、今後さらに必要なものだと考えています。その結果これまでの土着的・民族的で伝統的な国家の歴史を尊重した「王道」とそこから新たに進化している「前衛」の双方に焦点を当て、東アジア、東南アジアの全域から作品を公募・推薦し、王立プノンペン大学で展覧会を開催することに至りました。展覧会を開催し文化交流することで個性あふれるアジアのデザイン・アートの顕在化と創作を目指しています。将来展望としてはアジア全域で展覧会を開催する予定です。

 

アジアの歴史と伝統を生かした王道作品もしくは応募者の独自性と感性を最大限生かした前衛作品を求めます。

アート、グラフィック、プロダクト、映像、ファッション、建築等幅広く募集します。

(プノンペン王立大学で展示が可能なものに限ります)

 

現在最も経済発展を遂げているカンボジア プノンペンにてエキシビションを開催し、将来的にはアジア全域で展覧会を開催していきます。

 

アジア各国の地域・風土性を生かしたデザインとアートは何か

を考え、作品制作を行ってください。

 

〈例〉カンボジアを旅した際、クメール文化を感じて、

   そこから新たなる現代のクメール文化を創造した

   パッケージデザインや映像、アート、建築作品など。

 

〈例〉タイやベトナムの地方伝統工芸に共鳴を受けて、

   そこから現代の若者にも適応できる新たなるグラフィック、

   プロダクトデザインやアートを創造・開発するなど。

 

〈例〉日本のねぶた祭りに刺激を受けて、

   そこから祭りの光と染物文化を融合させた

   現代ファッションなど。

 

 

 

 

 

 

 

展示採択作品・入賞作品をカンボジア 王立プノンペン大学で展示し、また優秀者を招き、国際的な学びあい交流をシンポジウム形式で行います。

【会場】 カンボジア プノンペン王立大学 絆ホールとその周辺スペース

【日程】 2018年9月19日・20日・21日

 

【WEB】 https://asiadesignart.wixsite.com/ada2018

【お問い合わせ・応募フォーム送信メール】

     ada002018@gmail.com

 

【送付先住所】 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57 

         昭和女子大学 環境デザイン学科 

         アジアデザイン・アートエキシビジョン2018 プノンペン係

 

【協賛】 トヨタ財団、サントリー文化財団、三菱UFJ国際財団

     王立プノンペン大学、カンボジア日本人材派遣センター他

【主催】 アジアデザイン・アート展覧会コンソーシアム

     昭和女子大学 環境デザイン学科 藤澤忠盛研究室

     静岡文化芸術大学 デザイン学部 中山定雄研究室

     慶応義塾大学 環境情報学部 オオニシ タクヤ研究室その他

​【後援】 在カンボジア日本大使館(申請中)

Exhibition Design Art of Asian Regionality

and Climate in Phnom Penh 2018

-Classic / Avant-garde-  Audition of art pieces

Asian design art is currently developing by absorbing the Western culture along with the rapid economic development, and a number of exhibitions are held for it.  However, it has been feared that the distinctiveness (regionality and climate) of Asia is being weakened, and it has been considered that the characteristics of Asia of different cultures from the Western countries will be more imperative in the future.  Consequently it has been determined to hold an exhibition at the Royal University of Phnom Penh by publicly recruiting and recommending art pieces from all over East Asia and Southeast Asia, focusing on both “classic” respecting the existing native, ethnic and traditional histories of the countries, and “avant-garde” which has newly evolved therefrom.  Visibility and creation of Asian design art with abundant characteristics are aimed for by holding the exhibition and facilitating cultural exchange.  Our future vision is to hold exhibition in the areas of all over Asia.

A “classic piece” taking advantage of Asian histories and traditions or “avant-guard piece” maximizing the applicant’s originality and sensibility are sought.

Widely sought in art, graphic, product, video, fashion, architecture, etc.

(only pieces which can be exhibited at the Royal University of Phnom Penh)

Exhibition date: September 19, 20, 21 in 2018

 

Venue: Royal University of Phnom Penh Kizuna Hall

How to apply:

By mail or fill in the required conditions on the entry form on the website.

Email address (Japanese and English languages): angkortakakazu@gmail.com

Address : No.BB11, St.101, Sangkat Boeung Trabeak, Khan Chamkarmorn, Phnom Penh, Cambodia

YAMADA SCHOOL OF ART  Director: Takakazu YAMADA

Email address (Khmer language): leaksmyroth@yahoo.co.jp

WEBsite: https://asiadesignart.wixsite.com/ada2018

 

First audition (free): Deadline: Must arrive before June 15

Concept board: A3 size x 1 piece (thick paper / illustration board), concept comment, photo attachment, etc. (expression may be made as you like); fill in the required items in the entry form, attach to the back side and mail it to the designated address, and also fill in the entry form and email it to the designated address.

We contact you after the audition.

Note: If you have already created your piece, please send it directly.

Second audition: Deadline: August 15

Mail the art piece to the address above after being accepted at the first audition.

 

Conditions for entry

An individual or group who is creative elaborating with Asian regionality and climate and who has ownership of its own art piece (regardless of nationality, age, professional or amateur)

 

Selection of prize, acceptance, exhibition at the Royal University of Phnom Penh

1. Gran-prix: 1 piece

Award certificate, speech at the closing ceremony, extra prize (monetary prize, etc.)

2. Award for excellence: A few pieces

Award certificate, speech at the closing ceremony, extra prize (monetary prize, etc.)

3. Acceptance: A few pieces

Selection for exhibition: Several dozen pieces

The number of pieces and prize details are subject to change.

 

Sponsored by: The Toyota Foundation, Suntory Foundation, Mitsubishi UFJ Foundation, Royal University of Phnom Penh, Embassy of Japan in Cambodia (to be applied), YAMADA SCHOOL OF ART, etc.

 

Hosted by: Asia Design and Art Exhibition

https://asiadesignart.wixsite.com/ada2018

​Asia Design Art in Cambodia Project 2018