Kingdom Of Cambodia

「失われたクメール美術」

国際文化交流―恒久的世界平和を目指してー

​理念目的

■失われた「クメール美術」国際文化交流の理念・目的

カンボジアの文化はアンコール時代の繁栄時には近隣諸国に多大な影響を与え、東南アジアの中核として担っていた。その後フランス植民地時代には「東洋のパリ」と称賛された美しい街並みが立ち並び、西洋文化も発展させながら、独自のクメール文化を保持していた。

 

 1970年代に国家の人口約800万人中、約300万人という文化人の多くがポルポトによって虐殺された。その後約2000年まで内戦に突入しクメールの伝統美術は破壊された。現在では世界的ニーズがあるのにも関わらず、継承者や専門的な知識を持ったアーティスト、デザイナー、研究者がいない為にクメール美術とその美術教育の復活はさらに困難になってきている。

すでにわずかに内戦を生き残った正確なクメール美術の知識や経験を持った人間が年老いており、急がなければ歴史検証と復活が不可能になってしまう背景がある。また復活させたくても現在のカンボジアは明らかな人材不足であり、日本・世界からの専門的な人的支援は大きな国際貢献といえる。

 

1:「王立プノンペン大学・王立藝術大学、昭和女子大学(3大学協定済)」提携し、国際文化交流を行い、失われた「クメール美術」とその教育を現代に復活させることを目的とする。

 

2:欧米文化とも異なるクメール美術は、世界的に見て風土性を生かした独自価値があり、復活させたクメール美術とその作品を展示・公表し世界に広めていくことを理念・目的とする

 

3:なぜ文化破壊が行われ、大量虐殺が起こったのか?この歴史を踏まえ、国際文化交流を行い問題意識を促し「恒久的世界平和」を目指すことを理念・目的とする

 

■2025年開催の大阪万博にカンボジアクメール美術ブースを出展を目標にしています。

お知らせ

新型コロナウイルス感染症対策を行った

「失われたクメール美術」展覧会

「失われたクメール美術」復活シンポジウム2020

 

昭和女子大学にて開催します。

2020.10.21-22

​理念目的

■失われた「クメール美術」展覧会の理念・目的

 カンボジアの文化は宮廷文化と民衆文化に大きく分かれ、絵画、彫刻、建築、古典舞踊など多岐の文化に渡っています。アンコール時代の繁栄時には近隣諸国に多大な影響を与え、東南アジアの中核として担っていました。その後フランス植民地時代には「東洋のパリ」と称賛された美しい街並みが立ち並び、西洋文化も発展させながら、独自のクメール文化を保持した背景を持っています。

 

 1970年代に国家の人口約800万人中、約300万人という文化人の多くがポルポトによって虐殺されました。その後約2000年まで内戦に突入しクメールの伝統美術は崩壊、アジアの最貧国に落ち入り結果クメールの美術の再興はなされていません。すでに正確なクメール美術の知識や経験を持った人間が年老いており、急がなければ歴史検証と復活が不可能になってしまう背景があります。また復活させたくても現在のカンボジアは明らかな指導者不足であり、日本からの人的支援は大きな貢献といえます。現在カンボジアはプノンペンを中心に欧米文化を吸収しながら、急速な経済発展を遂げています。その結果、国家の独自性が弱まっていることを危惧しています。欧米とは違った文化を持つクメール的個性は、今後のカンボジアが世界で更なる発展を成し遂げるために必要なものだと考えています。

 

 カンボジア現代作家による失われたクメール美術展2020の開催に至りました。新型コロナウイルス感染拡大に対応したソーシャルディスタンスを用いた新たなる展示計画によって行います。

 クメール美術作品を多数展示し、直接鑑賞とZOOM鑑賞が可能で研修内容をAOパネルに印刷、展示、解説することで会場をインタビュー形式で巡回・撮影し、ZOOMで放映する。またワークショップを開催しZOOMによる密接なディスカッションを行いながらカンボジアのクメール美術とアジアのアート理解促進を深める。直接鑑賞展示はソーシャルディスタンスを取り入れた「新型展示方法」を用い感染を抑止する。

 

▪︎王立芸大教員10作品、王立プノンペン大学教員10作品、カンボジア国内の私立アートスクール20作品、カンボジアアーティストの10作品をその他小学生の作品等を展示・解説する。

【会場】 昭和女子大学 8号館(B8)学生ホールA・B

【日程】 クメール美術作品展、ポスターセッションZOOM

    (10月20日・21日10時ー17時)

    「失われたクメール美術」ワークショップZOOM2020

    (10月21日10時)

 

【WEB】 https://asiadesignart.wixsite.com/ada2018

【お問い合わせ・応募フォーム送信メール】

     ada002018@gmail.com

 

【送付先住所】 〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57 

         昭和女子大学 環境デザイン学科 

         アジアデザイン・アートエキシビジョン2018 プノンペン係

 

【後援】 昭和女子大学 国際文化研究所 

     王立プノンペン大学、王立美術大学

【主催】 昭和女子大学 環境デザイン学科 藤澤忠盛研究室

     アジアデザイン・アート展示会コンソーシアム(ADA)

【登壇者】王立プノンペン大学 日本語学科学長 ロイ・レスミー

     カンボジア陸軍大佐ペン・ラッターナ

     王立美術大学 客員教授 山田隆 その他

【構想・ファシリテーター】昭和女子大学 環境デザイン学科 藤澤忠盛

             同国文化研究所

【後援助成】公益財団法人 関西・大阪21世紀協会

​      公益財団法人三島海雲記念財団

​Asia Design Art in Cambodia Project 2018